E_10_01_03_事前確認

事前確認

発注機関確認担当者との事前確認

実績データの入力を始める前に、発注機関の確認担当者の情報と「登録のための確認のお願い」の提出方法を確認してください。
なお、発注機関の確認担当者の確認は、契約登録・変更登録・完了登録・訂正登録・削除処理のそれぞれでの実施が必要です。

1. 発注機関の確認担当者の情報

実績データに発注機関の確認担当者の情報を入力するために下記情報の確認をお願いします。

  • 所属部署名
  • 氏名
  • 氏名フリガナ
  • メールアドレス(

システムからメール送信しない場合は不要です。

2. 「登録のための確認のお願い」の提出方法

通常は受注企業が実績データ入力後に、システムからメール送信しますが、発注機関がメールアドレスを公表していない場合や発注機関が上記の書類のメール送信を承諾しない場合には、「登録のための確認のお願い」を印刷して、発注機関へ持参、郵送、FAXなどで提出します。

システムから「登録のための確認のお願い」をメールで送信する場合は、登録の完了時に「登録内容確認書」がメール送信される旨をお伝えください。