D_10_02_00_受注登録

受注登録

受注登録とは

受注登録は発注機関と契約を取り交わした時に実施します。

  • 受注登録
  • 変更登録
  • 竣工登録
  • 訂正登録
  • 削除処理

受注登録の流れ

実績データの登録は「実績データの作成」「発注機関の確認」「実績データの登録」で完了します。
基本的な流れは「実績データ登録の流れ」にて確認してください。

STEP1事前準備

受注登録を実施する前に下記3点について事前に確認してください。

手続き
利用責任者
利用責任者補助者
登録者
作成者
  1. 発注機関の確認担当者との事前確認(事前確認
  2. 工事に配置する技術者の登録確認(技術者登録について
  3. 入力に必要なデータの確認
    工事請負契約書で件名、請負金額、工期等を予めご確認ください。入力に必要なデータについて不明な箇所がある場合は、工事関係者、契約関係者に確認をしてください。
    入力に必要なデータは、マニュアルを参照してください。

STEP2受注実績データを作成し、発注機関へ確認依頼

受注時のデータを作成して発注機関の確認を受けます。

受注実績データを作成し発注機関へ確認依頼の流れ
手続き
利用責任者
利用責任者補助者
登録者
作成者
  1. システムにログインして、実績データを作成し確定(仮登録)します。
  2. 作成した実績データを発注機関に確認を依頼します。
    STEP1事前準備の「1.発注機関の確認担当者との事前確認」でメール送信しない場合は、書面で発注機関へ確認をとります。書面の送り方(FAX、郵便など)は発注機関の担当者に確認してください。
  3. 発注機関から実績データの修正指示があった場合、確定(仮登録)を解除して修正します。
    修正後は、再度確定(仮登録)して発注機関に確認を取って下さい。
  4. 発注機関から署名押印を受けた「登録のための確認のお願い」書面を受け取りSTEP2が完了です。

STEP3受注実績データを登録する

発注機関の確認を受けた受注実績データを登録します。

受注実績データを登録する流れ
手続き
利用責任者
利用責任者補助者
登録者
  1. システムにログインをして、「確認年月日」を入力します。
    「確認年月日」は、STEP2の4で発注機関確認担当者が「登録のための確認のお願い」書面に記入した年月日です。
    なお、STEP2で「メール送信」で確認を受けた場合は、発注機関確認担当者情報は自動反映されますが、「印刷」の場合は、必須項目を全て入力してください。
  2. 登録内容確認書をダウンロードして保管します。

操作マニュアル

以上で、実績データの「受注登録」が完了です。工事が完成したら「竣工登録」を実施してください。
また工事完成前に変更等があった場合は、変更登録等が必要です。詳しくは手続きが必要なタイミングでご確認ください。